ユニーブル社が丘テラス

メニュー

SECURITY & Structure セキュリティ・構造

将来にわたり安心とやすらぎをお届けする、
確かな躯体構造。

高い耐久性を維持できる
最大50N/㎟の
コンクリート/水セメント比

「ユニーブル社が丘テラス」では、建物の耐久性を左右するといわれているコンクリートの設計基準強度が最大30N/㎟のコンクリートを使用しています。また、コンクリートは製造過程で水分が多過ぎるとひび割れなどが起きやすくなるため、セメント100kgに対し、水を50kg以下の配合としています。

耐震スリット

柱と非耐力壁の間に溝を設けて縦・横・斜め・X型などのクラック(ひび割れ)を抑制し、地震時の躯体への負担を軽減します。 ※一部除く

ダブル配筋

主要なコンクリート壁(耐力壁)の内部には、鉄筋を二重に組んだダブル配筋を採用し、高い強度と耐久性を実現しました。

住戸内断熱

断熱材を採用することで、室外の気温を断熱し、結露発生の軽減や省エネルギー効果の向上を実現します。外気に接する全ての壁に断熱材を施工しました。

鉄筋コンクリートのかぶり厚

当物件では、かぶり厚を外気に接しない屋内部分では、建築基準法の数値より10mm厚い30~40mm、外気に接する屋外部分も、10mmプラスした40~50mmとしました。

住宅性能評価書

国に登録された第三者機関が図面などから住宅の性能を客観的に評価する「設計住宅性能評価書」を取得。竣工段階では「建設住宅性能評価書」を取得する予定です。

外壁・床・戸境壁の構造

外壁は150〜200mm、戸境壁は200mmの厚みとし、断熱性や遮音性を確保しています。
さらに、外壁にはプラスターボードや発泡ウレタン、 空気層等を組み合わせて性能を向上させています。

  • 外壁 イラスト
  • 戸境壁 イラスト
  • LDK・洋室・廊下の床 イラスト
  • 洗面室・トイレ(一部)の床 イラスト

※掲載の概念図・イラストはイメージで実際とは異なります。予めご了承ください。

資料請求